冬の味覚・漁師の宿 かつみ屋

旨味がたっぷりの若狭のズワイガニ

冬の日本海の味覚の王者「ズワイガニ」。
ズワイガニは上品で淡白な味とも言われていますが、その奥に深い甘みとうまみを秘めたやわらかい脚肉とたっぷりのカニ味噌はうなるほどの美味しさです。
新鮮なカニをたっぷり使った豪華カニコースをご堪能ください。

かに 若狭おばまでは、冬になると「フグ」に並ぶ逸品、ズワイガニが味わえます。このズワイガニは、福井県三国海岸沖の「越前ガニ」、鳥取県沖の「松葉ガニ」の名前で知られる冬の味覚の代表のひとつです。
メスは「セイコ」、オスは大きい方から「大ガニ」「中ガニ」「山ガニ」と呼ばれ、脱皮直後の甲羅が柔らかく肉も水っぽいのが「水ガニ」と呼ばれています。

冬の若狭と言えば、若狭ふぐ

淡白でよく身が締まって歯ごたえのある福井・若狭のふぐ。
若狭の海で育ったふぐは良く身が締まってぷりっぷりです。
てっさ・ふぐ鍋・から揚げなど、新鮮な若狭のふぐをご堪能いただけます。
【若狭フグとは?】
昭和29年に高浜町で定置網に入ったトラフグを蓄養したのが、トラフグ養殖のきっかけです。昭和58年に高浜町内で試験的に養殖が始まり、餌の改良や養殖技術の進歩とともに、立地条件の良い若狭湾で広く普及しました。リアス式海岸の若狭湾はとても潮通りの良い海で、より自然に近い環境でトラフグが養殖されます。
トラフグは体長70cmにも達する大型種で、最高級魚として取り扱われています。
特に若狭湾のふぐはよく身が締まって歯ごたえがあり、プリプリとはじけるおいしさで、「若狭ふぐ」呼ばれています。

冬の日本海の代表的な魚・ブリ

冬のブリは油がのり、身が締まり、寒ブリと呼ばれて珍重されています。美味なブリのコースをぜひお召し上がりください。
かつみ屋の女将の父親が現役仲買人だからこそ出せる、かに、ふぐと、冬のもう1つの味覚をご堪能ください。
buri04_thum.jpg
【若狭の通な食材!ブリ】
12月から2月、寒ブリの大敷網漁が行なわれ、日向港は賑わいをみせます。
日向の大敷網は、水揚げ、網の大きさともに、福井県一の規模を誇っています。ブリは出世魚の代表で、2キロくらいまでをハマチ、5キロくらいまでをワラサ、それ以上をブリといいます。
北陸産で10キロ前後、1メートルものがおいしいブリの条件だとか。冬にとれるブリは脂がよくのり、寒ブリとして珍重されています。
Page Top